年度末の Baku-Zen Fu-an

今日が3月31日なので、今年度もおしまいですね。
この1年もお世話になりました。

たぶん周りの人にはあまり思われないかと思いますが、この1年は自分なりにがむしゃらにやってきた1年だったかと思います!仕事では多方面で出来そうなことに手を伸ばして(どっちつかずという最悪のケースに)。
私生活のほうではガツガツやっていたバンドがなくなった分、小回りを利かせいろいろなところに顔を出したり、出張など利用して本州にガンガン行ったり。

たぶん上記が原因で、それにふさわしい不名誉なあだ名がついたりしたんだと思います。
ので、来年度はどっしり構えて落ち着いた一年にしたいなぁ。出来ないことはNoと言える人になりたいけど・・・善し悪しだな、これは。笑

また1年、よろしくお願いします。


今年度の締めくくりに思いっきり風呂上りの際に壁に膝をぶつけまして、膝を曲げるたびに違和感がとれません・・・。

落ち着いた1年を
スポンサーサイト

めじろ

「実は私は昔内気な性格で、昔友達が少なかったんです。」


あー、テレビとかでああいうこと言うヤツは大体嘘ね。

僕の場合は本当です。小さいころからお笑いとかはすごい好きで、笑いのツボとかも心得ていたつもりなんだけど、それを表に出すことはあまり無かったなあ。だから中学校のころは本当に友達少なかったと思う、部活仲間とかは居たけど、また別の。高校は周りの人が大人びてくるからさ、暗い僕でも結構構ってくれたりして、卒業するころには結構友達多かった気がします。校舎の裏で煙草をふかす不良から、人の目を見て離せないオタクまで。笑 あの高校はそれでも勉強好きな奴が多かったからなあ。僕は好きじゃなかったけど、惰性のように休日も学校行ってた。

そんなこんなで無事に大学に合格して、高校の友達は一人もいなくなった。笑
大学なんてもっとすごくてさ、クラスの人は何もしなくても友達になってくれるのよ。すごくない?結局僕はサークルに没頭して、距離を置いたわけじゃないけど、自然と離れていってしまったな。
サークルにいるうちに、結構言いたいことを言うようになってきて、今となっては言わなくてもいい事までズバズバ言うようになってしまって、こんなキャラになってしまった。笑

俺が言わなくてもいい事をどんどん言うのは、そこまで踏み込んだことまで言い合える仲間に対する愛情表現のところが大きいのかもしれませんね。ですが、ちょっと最近は言い過ぎかなと普通に反省してしまったので、来年度からは真面目ぶるわけでもないけど、言い過ぎない様に気をつけようと思う。笑

これは悲しいことじゃなく、「言い過ぎの愛情表現」を超えた、言わなくても分かり合えるような空気感をつくりたいことなのかも、しれませんね。かしこ。

東豊線の車窓から

今日もまたサークル同期の節目のライブでした。
彼とは決して感覚的に交じり合うことの無いような気持ちがあって、
それでも同じ方向を目指しているような気がして、

分かりやすく言うと、平行な二本のレールをひたすら走っていたような、そんな感じです。
でも彼は一度だけレールが方向移動して僕のレールを跨ぐ時期があったんだよなぁ。
で、また平行のまま、あっという間に置いていかれる。

しかし考えてみると僕のレールはひたすらまっすぐで、しかも鈍行だよなぁ。
人生80年、そんな感じでもいいじゃないですか。
と考えているうちに2連休が終わり。はじまるぞー、また・・・。

幸か不幸か

僕の周りにはわりかし頭のいい人が多くてですね、
僕は大学4年で卒業してもう2年働いたわけですが、結構な友達が大学院の2年生に進んで、ようやく本日卒業したというわけです。

僕の大学時代の交友関係は9割がたサークルのバンド関係の人たちだけだったので、彼らが卒業して、ほとんどのバンドはコンスタントな活動を続けていくことができなくなり、一段落という流れになりました。
僕個人としても、大学を卒業し、サークルの同世代もいなくなったということで、頻繁に顔を出していましたがようやくサークルから解放された気持ちがします。とりあえず皆さん、お疲れ様。

最近仕事忙しいんですが、今何か集まりとかイベントとかあれば無理にでも参加するようにしています。たぶんこれだけ近しい人と身近な気持ちで会えるのって今が最後なんだろうなあ。
今日なんて昼休みに無理やり大学の卒業式行きましたからね!笑
ちなみに僕は自分の卒業式に行っていないので、卒業証書もらってません。笑 
とげとげしい自分がかっこいいとかそういうことではなく、偶然その前後が忙しかったので休息の日にしたのです。

その、後悔っていうほどではないんだけど、ちょっとした後ろめたい気持ちもあって、昼に卒業生と一緒になって写真撮ったりしたのは良かったなぁ。スーツだし、違和感無いでしょう!

柄にもなくですね、4月からはちょっと仕事に気合入れてみようかなとか考えているので、今月はできる限りの邪魔をしたい。去年や一昨年よりも心の変化は大きそうですが、あと少し、よろしくお願いしますね。

無理やり現代に追い付かせる日記

3月3日

ぬるっと年をとる。

この日は去年までいたサークルのバンドがたくさん出るライブを見に行った。
大学生というのは就職の関係で3月で北海道を離れる人も多く、学生バンドは一つの節目を迎える時期なのだ。
普段札幌のいろいろなライブハウスでそれぞれ活動している彼らも、この日ばかりは学生オーラぷんぷんだった。
ただ、それは全く悪いことではなくて、むしろ学生である以上それに誇りを持ち、その若さ特有のストイックなものを出せればいいと思う。

そのバンドは今後続くのかはわからないけど、学生時代の若いうちに得た経験が、バンドにせよ、なんにせよ、その後の生活で間違いなく活きてくることになる、はず。

いい誕生日だった。

3月5日

自分のバンド、節目のライブ。
上記に述べたように、春は節目の季節なのだ。
学生バンドのようで、学生バンドじゃない僕のバンド(僕のせい)。
学生時代とはまた違うアプローチを意識してやってきました。
このバンドのライブは今年度は4回だった。それが多いか少ないかは置いておいて、僕はやっぱりバンドを始めてよかったと心から思えるようなバンドでした。

来年度以降のことを、ライブの後にぼちぼち話したりしたのだけれど、どうにも踏み切れず、もう少しグダグダしてるような感じです。笑
とりあえず、今年度はまだ終わっていません!音源を録ります!


時は進んで今日。
年から年中忙しい今の仕事が、特に忙しい時期です。
さらに事件も起こったりで、雰囲気穏やかではありません、ので、ストレス耐性がなぜか強い僕がなんとなく奮闘しない感じで、張りつめた空気をなんとか柔らかくできたらとか、はははー!

今日はそんな中久々の半ドンで昼過ぎに帰ってきてたんだけど、眠気にやられ、速攻で寝た。

ストレスには睡眠じゃー!

あ、そだ、今週末はいよいよそのサークルでの旅立ちを祝うコンサートパーティーがあるのですが、
上記バンド以外に今まで自分がやっていた3つのバンドも一応再度活動を終了させます。
というより、「既に終了している」→「復活!」→「終了」という流れなので、祭り感覚じゃ!

4月病になる勢いで3月詰め込みまくってますので、4月以降心のケアをよろしくお願いします。
ではー