日記

回りくどい話をします!

昨日はHOTLINEという楽器や主催のバンドコンテストイベントに出させていただきましたが、いい経験となりました!ありがとうございました。

学生時代は、サークルのオーディションというイベントがあったが、しばらくはご無沙汰だったので「人の物差しで測られる」という経験に飢えてました。そんな中で、大体が知らない人の中で自分の伝えたいことを伝えようと考えるのは成否がどうであれ面白いものだ。自分なりにやるだけやったつもりだが、のれんに腕押し感も半端じゃなかった。笑

今のバンド始めてから、お客さんが知り合いばっかりという機会が極端に減った。昔は、客が一人、それも知り合い。というようなライブもあったのだが、幸いなことに(知り合いが減っただけなんだけど)、大体が知らない方というライブが増え、そういった方々を相手に演奏できるということがとても幸せだ。

そんな感じで、半アウェイの中で磨かれていきたいと思っています。
ただ、それが積み重なった時に、いつの間にか出来ていた「ホーム」で演奏できる機会なんてあれば楽しいんだろうなあ。
サークルの定期演奏会なんて、いい機会もあったものだ。

次は半年振り以上のライブハウスでのライブ!
がんばるぞー。

明日はエンターテイメントの極上、サーカスを見てきます。
スポンサーサイト

日記

インターネットで批判とかをする人がいるが、僕は全然それを悪いとは思わない。
むしろ筋道の通った議論であれば自分の血とすべく進んで読みたいくらいだ。

ただし、自分で撒いた種はなんとかしてほしい!

批判をされた人は具体的にどう悪い(と思っている)のか!
じゃあ逆にどういうことが望ましい(と思っている)のか!

それを合わせて初めて批判でしょう。言い逃げはカッコ悪いよ。ゼッタイ。


今日も友達と飲んだわけだけど、最近は東京にいるのか札幌にいるのかよく分からん。
それは自分もよく遊びに行くし、そもそも地元でも人と会う機会が減っているから誰と会っても新鮮なのか。
それくらいの方が別れが惜しくなくていいかもしれませんね。今日も一切惜しくなかった!一切!!!

明日こそアドレス変更の連絡をしよう。もう携帯変えてから1ヶ月経ったよ・・・。

日記

久々に明らかに身体をぶっ壊しまして、急性胃腸炎で1週間くらいダウンしてました。

さて、そんな中ライジングサンロックフェスティバルに行ってきました。その日の午前中に自転車に乗ったらなんとなくすいすい乗れてる気がして、「あれ、いけるんじゃないか」と思い自転車で行ったがさすがに遠かった・・・。調べたら22キロだって、ひ・・・。

体調と交渉しながらなんだかんだで結構見た!
個人的に良かったアクトは結構あるけどモーサムが一番楽しくて気分が上がりました。なんかもう最強だった。

なんか僕は周りの人より感性が劣っているのか、みんなが「すごいよかった!」と言っているものが全然よくなかったり、「いまいちだった」と言っているものがうわー最高!と思うことがあったりするのだけど、結局僕はがむしゃら感が出ているものが好きなのかもしれない。あと、過去に縛られず、それでいてうまく付き合って、今を全盛期として音を鳴らしている、そんな感じのが好きなんじゃないかなと思った。嫌いなファクターもいっぱいあるけどそこはこの場ではご愛敬だ。笑

また来年も順調に生活すれば行きていのう。
せっかくチャリ圏内という他の人からすれば羨ましい場所に住んでいるのだから、そのメリットを享受するべきだと感じています。次は自転車では行きませんが。笑

Shining / MO'SOME TONEBENDER

日記

えーとこんな時間だからさっさと寝るべきなんだけど、乙武さんかさかなクンかどっちかが、嫌なことがあった時はそれをしるすべし、というようなことを言っていたので、記してみんとすなり。

今週は忙しかった。
充実感のある忙しさなら良いのかもしれないが、理不尽に忙しかった。自分は頑張っているのだと思っていた。
しかし、結局自分は頑張っていないということが形として現れ、悔しさとか、虚しさとか浮かんだのだけれども。

まあ良く考えればそれは第三者目線でのことだからな!
その人が四六時中見張っているわけでもないし、自分のことは自分が一番の理解者であるという考え方を大切にしようと思った。

俺「親友、お前は死ぬほど頑張っているとは言えないがそれなりに頑張ってるよ。でもそこまで頑張るものでもないしもう少し適当でいいんじゃない?」
俺「オッケー!」

でもオリンピックが面白いし割とどうでもいいなあ。
あと、今日はライブを見に行って、良かったなあと思ったことが一つと、自分が今バンドをやっていて本当に良かったと思えた。最大の理解者の曲を聴きたい、聴かせたいと思った。

とは言っても悔しいものは悔しいな!それを超えるたくさんの希望で埋め尽くしてしまおう。